既婚者だけど『セカンドパートナー』無理。セックスしたい!

出会い系

 

あなたは、『セカンドパートナー』ってもちろん知ってますよね。

 

「友達以上不倫未満」の関係……。
つまり、身体の関係がない「プラトニック」な男女関係のこと。

 

セカンドパートナーは身体の関係がないというところが、不倫との大きな違いです。
女性の支持者が非常に多いということですが、あなたはそんなことできますか?

 

 

『セカンドパートナー』なんかいらない!無理。

出会い系

 

「セカンドパートナーを持つと、男女双方にメリットがあります。女性は恋をしたり、ときめいたりすることでキレイになれる。男性も奥さんに優しくすることができます」

 

どこの誰がこんなこと言ったんだ〜!と声高に叫びたくなります…(笑)

 

最初の1〜2回はそれで我慢できても(我慢汁は出ます)。
魅力的な女性とずっとプラトニックな関係なんて…

 

絶対無理〜です。
それって、よほどの草食系か恐妻家なんでしょうか?

 

ブスな女なら考えられますネ。抱く気にもならない女…
でもそんな女と飲みに行ったり、相談事されたくないですよね。

 

男性ならやはり魅力的な女性と一緒に居たいですから。
ましてや、既婚者なら『不倫』も『セカンドパートナー的つきあい』も同じリスク背負うんです。

 

いやいや、彼女とは『セカンドパートナー』だから…
なんて言い訳しても、世間にはそんな事通りません。

 

傍から見たら、『不倫』も『セカンドパートナー』も同じことです。

 

なので、『セカンドパートナー』なんかやめてキッチリ『不倫』しましょう!

 

 

『セカンドパートナー』と見せかけてSEXしてしまう…

出会い系

 

『セカンドパートナー』を欲しがっているのは、だいたい女性が多いです。
女性は何かと言葉を作って、言い訳できるようにしておいて旦那以外の男性と遊びたいんです。

 

『セカンドパートナー』というのは、あくまでも言い訳であってセックスしたいのは女性も同じです。
ましては既婚女性であれば、セックスの気持ち良さをしってるんですから…。

 

なので、ここは鬼畜となって…
最初こそ「僕はあなたのセカンドパートナーです。プラトニックな関係でいましょう。」という感じからスタート。

 

3回目以降には、「あなたの魅力には勝てない」とかなんとか適当なことを言って、セックスしてしまいましょう(笑)。

 

彼女の悩み事は、セックス後の「賢者タイム」にでも聞いてあげましょう。

 

そして、一番大事なのは「どうやって、セカンドパートナー(セックス相手)を見つけるか?」です。

 

 

女性にとっての『セカンドパートナー』とは

出会い系

 

あなたは昼のファミレスに入ったことありますか?

 

そうたくさんいるんですよ。ママさんたちが…。
コロナ禍の今でも、口角泡飛ばしながら話してるママさんたち。

 

聞き耳をたてて聞いてると、だいたいは人の噂や悪口…
しかも、ずっと話してますから。
良くそんな話すことあるよね〜、という感じです男性からすると。

 

それだけ、女性って話したがりなんですね。

 

なので、あなたがもし最初だけでも『セカンドパートナー』になるとしたら女性の話をトコトン聞いてあげる必要性がでてきます。
ママ友に話せないような旦那の愚痴や悩み…

 

とにかく、話を聞いて欲しいんです。

 

そして次にくるのは非日常を味わいたいということです。
女性も結婚してても、 恋をしていたいんです。ドキドキするトキメキが欲しいんです。
毎日毎日、食事を作って掃除して洗濯して…
という生活から一時的にせよ解放されて、女性としてトキメキたいんです。

 

後は、自分を理解してほしい、 ということでしょうか。
旦那は、もうすっかり話を聞いてくれなくなっているし、ママ友とはうわべだけの付き合いだし。
「もっと私を理解してくれる人が欲しい」と思っています。

 

なので、あなたがいつも奥さんに対して接しているのと同じように扱っていてはダメです。

 

 

『セカンドパートナー』の話を上手に聞く方法

出会い系

 

ビジネスシーンでは、「聞き上手」であることが大切です。
そして、『セカンドパートナー』との会話でも、「聞き上手」になる必要性があります。

 

「聞き上手」になると、相手が本音を話してくれるようになります。
なので、上手な話の聞き方として

 

  • ながら聞きをやめる
  • 話の腰をおらない
  • 否定しない
  • 頷きながら聞く
  • 相槌をうつ
  • オウム返しをする
  • 言い換えをする
  • ほめられるところを探して褒める
  •  

    これらの技を使って『セカンドパートナー』の話を聞いてあげましょう。
    「聞き上手」になると、彼女が心を開いてくれます。
    そして、最後は股も開いてくれるんです(笑)。

     

     

    『セカンドパートナー』が見つかるお勧めの出会い系サイト

    出会い系

     

    『セカンドパートナー』との接し方もだいたい理解出来たら…
    いよいよどうやって『セカンドパートナー』を見つけるかですネ。

     

    やっぱり、ネットで探すのが一番てっとり早いです。
    しかも、マッチングアプリではなく出会い系サイトで探すのが一番です。

     

    そもそも「マッチングアプリ」には既婚者は登録できません。
    なので、出会い系サイトで探しましょう。

     

    『セカンドパートナー』を募集するために良く使われているのが、匿名で活動できるハッピーメールというサイト。

     

    ハッピーメールだと、女性会員が多いので『セカンドパートナー』探しも楽にできます。
    希望の条件や地域で女性を検索できるので『セカンドパートナー』探しも楽しくなります。

     

     

    ハッピーメールで『セカンドパートナー』ができる理由

     

    ハッピーメールは登録者数が多いので、『セカンドパートナー』を募集している書き込みがたくさんあるんです。
    ハッピーメールに登録したら、まず「掲示板」を見て下さい。

     

    全国の女性からの書き込みで溢れているのにビックリします。その数なんと1時間で100投稿以上なんですから。

    出会い系

     

    『セカンドパートナー』候補のエロい女の子や熟女が選び放題です。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、ビックリするほど簡単にアポとれます。会う場所はお互いの都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすれば大丈夫!

     

     

    ハッピーメールが女性に人気の理由

     

    ・匿名での活動が可能なので知り合いにバレない
    ・ハピメの広告が渋谷や六本木に掲載されてて安心
    ・女性誌で話題

     

    などのように知名度も高く、老舗の出会い系サイトで安心して使えるからです。

     

    ・累計登録数2500万突破!
    ・出会える確率74.5%の優良サイト!
    ・サクラなどの不正行為ナシ!

     

    ハッピーメールが今ならお得!

     

    今なら無料で会員登録するだけで、最大120P(1,200円分)のポイントをプレゼントしてもらえます。

     

    お得にポイントをもらえるチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみて下さい。

     

     

    登録は1分で完了!

     

     

     

     

    専業主婦がセカンドパートナーではなく「不倫」をするきっかけ

    出会い系

     

    私は33才の専業主婦ですが、主人の度重なる浮気が原因ですでに1年以上セックスレスの状態が続いています。そんな主人の浮気は相変わらず続いていました。

     

    私自身3食昼寝付きの楽な生活に慣れてしまい、すでに生活力がなくなってしまていましたので離婚する勇気もなく家庭内別居が続いていました。

     

    そんな時に寂しさも手伝って始めた出会い系サイトで24才のマモルくんと知り合いました。かなり年が離れてたので話が合わないかも…と思いつつもメールを始めたんですが、写メを見ると結構カワイイし、久しぶりに「お姉さん」と呼ばれ何となくウキウキしながらメールしていました。

     

    そのうちエッチな内容のメールもするようになり、マモルくんは彼女がいなくてほぼ毎日オナニーしているとのことで、つい私も主人との現在の関係を話すと、「僕でよかったらいっぱい慰めてあげるよ」などとウソかホントか言われただけで少しドキドキしていました。

     

    そして毎日のようにマモルくんメールをするようになって、メールがないと心配になってしまうようになってしまいました。そんなある日、「どうしてもお姉さんに会いたいな」と言われ嬉しくて心臓がドキドキしてしまい、その日は何も手につきませんでした。

     

    でも私は慎重にメールしました。
    「マモルくんが思ってるほどキレイじゃないよ」
    「外見なんかきにしてないよ!実際にお姉さんに会っていっぱい話したいんだよ」

     

    何度も誘ってくれるマモルくんの熱意にとうとう会う約束をしてしまいました。そして、いよいよ約束した日が来てしまいました。当日は早くからおばさんっぽく見られないように慎重に服選びをして、お風呂に入って念入りに体を洗ったりして、気がつくとどこかで期待していた自分がいました。

     

    待ち合わせ場所は平日の人気の少ない公園の駐車場。事前に教えてくれたマモルくんの車を見つけて外から手を振って助手席に乗り込みました。

     

    「本当に来てくれてウレシイです!」
    「初めましてかな!?メールでは仲良くなっちゃってるから初めての気はしないけど…!でも近くで見るとオバサンでしょ?」
    「そんな写メよりずっとキレイですよ!ヤバイぐらい…」

     

    「ウフフ!マモルくんったら…そんなこと言っちゃって…何がヤバイのよ」
    しばらく車内でゆっくり話して楽しい時間が過ぎて行ったの。
    「アレ?まつげにホコリがついてるみたい」
    と、マモルくんが手を伸ばして取ろうとしたので、

     

    「あっ、本当?」
    「うん、お姉さんちょっと目閉じて!」
    私はマモルくんの言われた通り目を閉じると、イキナリ抱き締められてキスされたんです。
    「えっ、ちょっと…んっ、嫌!」

     

    短いキスだったけど、急にキスされてとっさに軽く抵抗してしまいました。だけど、私の久しぶりに心臓の鼓動は激しくなって嬉しさが込み上げてきたんです。そう言われて、潤んだ瞳で見詰められると可哀相になってきて、

     

    「もぅ、しょうがないなぁ!手でいいでしょ?」
    「うん!嬉しい!」
    マモルくんが嬉しそうにズボンとパンツをズラすと、主人よりもおちんちんより長さも太さも勝っていました。そして、マモルくんのおちんちんはギンギンに勃起してお腹につくほど反り返っていました。

     

    「あっ!すごい!」
    思わず独り言のようにつぶやいてしまいました。私は躊躇うこともせず、おちんちんを優しく握るとゆっくり上下にシゴいてあげました。

     

    「お姉さん…気持ちいい…」
    マモルくんはシートに持たれて、私を優しく抱いたまま見詰めていました。

     

    「すごい熱くなって…硬くなってる…」
    「お姉さんの手が気持ちいいから…ちんちん気持ちいいよ!」

     

    シゴいてすぐに亀頭の先からマモルくんのお汁が出てきて、私の手もベチョベチョになってしまいました。
    「ねぇ、お姉さんと…キスしたい!」

     

    私もそれに応えてキスしてあげると強く抱き締めながら、
    「気持ちいいよ…イッちゃいそう…」

     

    私はマモルくんの切なそうな表情に、
    「待って!まだガマンしてね!」

     

    と言い、ヌルヌルになった亀頭にキスしながら裏筋をチロチロ舌を這わせたあと一気に口に咥え、頭を動かしてしゃぶってあげました。

     

    「あっ!あっ…すごい!お姉さん…あぁ、もうチンチンが溶けちゃいそう!」

     

    最近では夫にもこんなに積極的にフェラしたことすらなかったのに、マモルくんには自分からしてあげちゃいました。さらに私も上着を脱いでブラウスのボタンを外し、マモルくんにブラジャーの上からオッパイを触らせました。そしてさらに頭を激しく振りながらおちんちんをしゃぶってあげました。

     

    「あぁ、もうダメ!姉さん…イッちゃう…!」
    「いいわよ!お口の中にいっぱい出して!」

     

    そのままマモルくんは、私のオッパイを強く掴んでおちんちんをビクビクッと脈打ちながら勢いよくお口の中に精液を放出しました。私はマモルくんの放出した大量の精液をお口ですべて受け止め、ゴクンと飲み込んだあとももう1回おちんちんをしゃぶってキレイに舐めてあげました。
    「ごめんね!大丈夫?気持ちよくていっぱい出しちゃったよ!」
    「うん、大丈夫!マモルくん、いっぱい出たね!気持ち良かった?」

     

    「うん!すごかった!ありがとう!」
    そう言いながらもマモルくんのおちんちんは勃起したまま治まる様子がありませんでした。

     

    「お礼にお姉さんも気持ちよくしてあげるよ!」
    「えっ、無理しなくていいわよ!」
    「お姉さんだって、このままじゃ、終われないでしょ?」

     

    そう言うとマモルくんは私の背中に手を回してあっさりブラジャーのホックを外しました。締め付けてたブラジャーが外されると、軽く揺れながら私の胸がマモルくんの目の前に飛び出してしまいました。マモルくんはそれを見つめながら、私の座っている助手席のシートをゆっくり倒しながら、

     

    「お姉さんのおっぱい大きい…」
    と目を丸くしました。確かに私の胸はEカップで弾力があります。マモルくんはすぐに手を伸ばしてきて、私の胸をゆっくり揉み始めました。私もとくに抵抗はせず、マモルくんの好きなように触らせてあげました。

     

    「あぁ、お姉さんのおっぱい…すごいよ!」
    と言ったあとマモルくんは両手で胸を寄せて硬くなり始めた乳首を交互に舐めてきました。

     

    「あっ!」
    私は思わず吐息を漏らして感じてしましました。マモルくんはどんどん硬くなっていく乳首を舌で転がしたり、吸ったり…舐められていない方の乳首は指で摘まれ引っ張られたり…

     

    「あぁ、あぁ〜ん!」
    想像以上にマモルくんの舌がねっとりと乳首に絡みつき気持ちよくて、自分でも吐息が喘ぎ声に変わっていくのがわかりました。そして、マモルくんの手がスカートの中に入ってきました。それもゆっくり太ももの内側を指が這ってきて…

     

    「ねぇ、ここじゃだめよ!」
    「お姉さん、わかってるよ!でも、もうちょっとだけ…」
    そう言って、とうとうマモルくんの指があそこに到達しました。

     

    「あっ!」
    私は思わず声を出してしましました。

     

    「お姉さんのここすごい濡れてるのわかるよ!」
    「いや、もうそれ以上はだめ!ね、マモルくん…」
    「うん、わかってる!続きはホテルでしよ!」
    「そうね!」

     

    そう言って、マモルくんが止めてくれると思ったら、また乳首を吸い始めました。そして、パンティーの横からスルッと指が入ってきたんです。
    「えっ、マモルくん…」

     

    その指は的確にクリトリスに到達して弄られてしまい、どうしようもなく感じてしまいました。乳首を舐められたり、吸われたりしながら、指でクリトリスを弄られるのは、私の一番弱い愛撫のされ方なんです。

     

    「いやぁ、あぁ〜ん、だめよ!マモルくん…そんなことされたら…はぁ〜ん、あぁ、だめ!」
    口では抵抗してるけど、体はマモルくんの愛撫を全身で受け入れていました。そしてリズミカルにクリトリスを擦りあげるマモルくんの指がとうとう中に入ってきました。

     

    「いやぁ、中は待って!ねぇ、お願いだから…」
    「お姉さん、大丈夫だよ!乱暴にしないから…だってスルッって入っちゃったもん!」

     

    そう言って、また乳首を吸われながら、指を出し入れされ…
    「ダメ〜、そんなに早くしたら…イッちゃう…あぁ、あぁ〜ん、イク、イク、イク〜ッ!」

     

    とうとうマモルくんの指でイカされてしまいました。マモルくんの指でイカされてしまった私がグッタリして呼吸を整えていると、マモルくんはいじわるそうに中から抜いた指をわざと私に見せました。

     

    「お姉さん、見て!」
    その指からは私の愛液が滴り落ちていました。それを見た私は顔から火が出るほど恥ずかしくなりました。

     

    「もう、恥ずかしいから…」
    「うん、でもビチョビチョになっちゃったよ!」

     

    「だってマモルくんの指すごいんだもん…」
    「じゃあ、この続きホテルでしようか!?」
    「…うん」

     

    もう私の体は久しぶりの快感でスイッチが入ってしまっていました。だってマモルくんのおちんちん入れてもらってないので…欲しい…って思ってました。それから私たちは服装をなおして、車を走らせてラブホテルに向かいました。

     

     

    もう先走りが滲みだしてるあなた!

     

    こんな感じの『セカンドパートナー』「セフレ」を探してる主婦がたくさんいます。
    それがハッピーメールです!

     

    ハッピーメールは、主婦やOLが愛用している出会い系サイト。
    匿名で登録できて身バレせずに、しかも安心して使えるのが、その理由です。

     

    今まで、出会い系サイトやマッチングアプリに満足してこなかったあなたにピッタリです。
    思う存分、身体を持て余してる主婦やOLと出会って下さい!

     

    登録は1分で完了!

     

     

     

     

     

     

    主婦でもセカンドパートナーを欲しがっている!

     

    既婚者だけど『セカンドパートナー』無理。セックスしたい!

     

    パート先の若い巨根が私の膣に挿入されると…

     

     

    子供に手が掛からなくなったからパートで働き始めました。

     

    そこに新入社員の彼が私の職場に配属されました。

     

    21歳のスポーツマンで、礼儀正しくハキハキとした態度に、好感を持ち始めました。

     

    その頃、夫は深酒の毎日で夫婦生活も、月一度程度有るか無いかの欲求不満の毎日が続く頃でした。

     

    寂しさの余り、彼を月に一度位、ドライブに誘い気を紛らす様になりました。

     

    回数を重ねるに連れ、彼が身体を求める様になり悩みました。

     

    だって、そこまでの気持ちは私にはなかったのです。

     

    年上の、夫にも相手にされないおばさんなんか、

     

    性の対象ではないだろうと思っていました。

     

    でも、26歳で女をやめるなんて嫌よ!

     

    と開き直り、一度しかない人生、

     

    自分の気持ちに素直に生きて行こうと心に決めました。

     

    それからは、彼の気持ちにも素直に応じられる様になりました。

     

    その21歳の彼は、なんと童貞クンだったのです。

     

    スポーツマンって、初体験が遅いのでしょうか?

     

    月一程度に楽しんでいます。

     

    私の住んでいる所は、田舎で車が唯一の交通手段です。

     

    昨夜は、新年会で酔った彼を迎えに行きました。

     

    もちろんその後を期待をしてです。

     

    途中でパンストを脱ぎ、酔った彼を車に乗せ走り出しました。

     

    まもなく彼は思った通りスカートの中に手を入れてきました。

     

    「駄目よ!運転中は危ないわよ!もう少し我慢してね」

     

    「俺、早くやりたいんだよ」

     

    凄く興奮している様子でした。

     

    彼は酔うと、いつもより興奮するんです。

     

    暗い田んぼ道に車を止めると同時に、彼に抱き寄せられ、

     

    キスをされながら、乱暴にセーターを上げられます。

     

    そして、ノーブラの胸を揉まれまくるのです。

     

    ツンと硬くなった乳首も、ベロベロとイヤらしく舐められます。

     

    そして、手がスカートの中に伸びてきました。

     

    敏感になっている部分を触られた瞬間、

     

    快い刺激が全身を走りぬけました。

     

    パンツの奥が熱く濡れてきているのを感じます。

     

    「感じる、凄い感じちゃうから…やめて!」

     

    私は異様な快感に慕っていました。

     

    そして、彼と後部座席に移りシートを一杯に倒し、再び抱き合います。

     

    彼は、とうとうパンツの横から指を入れ、濃いめのお毛毛をかき分けて、

     

    ヌメッとした敏感な部分に指が触れるのです。

     

    その瞬間・・・

     

    「あ・・・ああぁぁ・・・」

     

    と大きな声が出てしまいました。

     

    快感が高まるに連れ、私は彼に強く抱きつき身を任せていきました。

     

    彼のズボンのファスナーに手をやり、パンツと一緒に下げようとしましたが、

     

    おちんちんが凄く大きく固くなっていて、なかなか下げられません。

     

    必死になって、ようやく下げることが出来ました。

     

    下半身を素ッ裸にして大きくなったおちんちんを目にした私は、

     

    口に頬張りました。

     

    「じゅるじゅるじゅる・・・」

     

    「ああぁぁ・・・すごく気持ちイイよ」

     

    「じゅぽじゅぽじゅぽ」

     

    「あぁぁ、出ちゃう、出ちゃうよ!」と叫び、

     

    「いいよ、口に出していいよ!いっぱい出しなさい!」

     

    震える彼をやさしく、しっかり抱き締めながら、

     

    濃厚な精液を口に受け彼は果てました。

     

    実は今日が最後のセックスと心に決めていました。

     

    このままずるずるとつきあうのは、彼にとってよくないと思ったからです。

     

    だから今夜は思いっきり楽しもうと臨んでいたのです。

     

    自らスカートとパンツを脱ぎ、恥ずかしさを隠すかの様に、

     

    彼に再び抱きついていきました。

     

    下半身素ッ裸で敏感になっているクリちゃんと、

     

    胸を中心に指と口で刺激され、

     

    無我夢中で身体を求める彼のやや乱暴な愛撫。

     

    身体はより反応し恥ずかしさも徐々に気にならなくなりました。

     

    「夫も今日は新年会で泊まりだから、ゆっくり楽しもうね!」

     

    おちんちんに手をやると、再び、固く大きくなっていました。

     

    嬉しくなり口に咥えると、彼も敏感になっているクリちゃんを、

     

    指と口で刺激を加えてきました。

     

    「もっとー!もっと強くー!吸ってー!」

     

    「ちゅるちゅるちゅる・・・」

     

    「あぁん、もういい!もう!早く入れてぇ……」

     

    彼と向き合い膝に跨り入れようとしました。

     

    「ゴムしないの?」

     

    「今日は安全日だから良いのよ!思いっきり中に出して!」

     

    手で穴に定め腰を下ろし、挿入して上下に動きました。

     

    「わあっー!気持ちいい!もっとグイグイ突いてぇー!」

     

    しっかり抱きついて無意識に腰を持ち上げて挿入をより深く求めていました。

     

    二人の快感が高まると共に挿入は浅く深く激しくピストン運動を繰り返し、

     

    子宮に当るたびに大きな声で叫んじゃいました。

     

    私は彼の背中に腕を回し、更に強く抱きつき膣の奥までしっかり突いてきました。

     

    「ダメダメ!気が狂いそうよ!も・もうダメよイッちゃう!ねっ一緒に」

     

    精液をたっぷり子宮に受けエクスタシーに達したのです。

     

    一瞬静かになった車内で私は、彼に抱かれ挿入したままの姿で、

     

    夫とは一味も二味も違う満足した幸せな余韻を楽しみました。

     

    彼とは最高の思い出が作れました。

     

    今でも感謝しています。

     

     

    もう先走りが滲みだしてるあなた!

     

     

    こんな感じの『セカンドパートナー』「セフレ」を探してる主婦がたくさんいます。
    それがハッピーメールです!

     

    ハッピーメールは、主婦やOLが愛用している出会い系サイト。
    匿名で登録できて身バレせずに、しかも安心して使えるのが、その理由です。

     

    今まで、出会い系サイトやマッチングアプリに満足してこなかったあなたにピッタリです。
    思う存分、身体を持て余してる主婦やOLと出会って下さい!

     

    登録は1分で完了!