シンママとお友達になりやすい出会い系サイト

シンママと出会い系

出会い系

 

シンママ=シングルマザー(母子家庭)です。
昔に比べると飛躍的に数が増えています。

 

地獄のような結婚生活から離婚することで、やっと抜け出せると思ったシンママ…

 

これからはもっと素敵な人と出会って、再婚して上手くやってやる〜♪
なんて思っていたはずの彼女たち。

 

でも現実はとってもシビアなんです。
シンママは、婚活サイトに登録してもまともな出会いは無く…
婚活パーティーに参加しても見向きもされません。
シンママは、前向きに婚活や恋活をやってみても何故か遊びの対象にされやすいんです。

 

しかも、元夫から養育費を貰えず、小さな子どもがいて長い時間働くこともできないので、低収入で生活の苦しいシンママがほとんどです。

 

常識のあるシンママは、それに気づいてもなんとか子育てと婚活を頑張っていくんです。
でも、ちょっと待ってください。
あなたの周りのシンママってちょっとヤンが入っていたりしませんか?

 

 

シンママのイメージはネガティブ

出会い系

 

実際「シンママ」で検索すると
「シンママ お金」
「シンママ 男好き」
「シンママ 頭悪い」
「シンママ 遊び相手」
「シンママ 貧困」
「シンママ 生活保護」
「シンママ 重い」
「シンママ ヤンキー」

 

とネガティブなワードが出てきます。

 

まあ実際離婚して、子供たちを育てながら働いている訳ですからそうそうリッチでないこと想像できます。
離婚原因が元旦那の浪費癖、浮気癖、酒癖、暴力等の場合…
男性レベルもそう高くないのでは…と推測できますね。
当然そういうレベルの男性とお付き合いする女性のレベルも…

 

そうするとそういったシンママは、経済的に自立できなくなって、男性に股を開いて寄生するようになってしまいます。
もちろんそんなシンママだでではないことは充分分かっていますが…
多いのも事実です!

 

早くに結婚、出産、離婚した女性はどちらかというとDQNなシンママが多いような気がします…。

 

そんな「シンママ」
きちんとしたお付き合いをするというよりも、どちらかと言うと「セフレ」にしてしまいたい感じですよね。

 

出会い系サイトに登録してるシンママ

 

これって基本的に遊びたい!って言うことですね。
真剣に結婚相手を探しているなら、出会い系サイトには登録しないハズです。

 

なので、出会い系サイトに登録しているシンママと真剣につきあう必要はないのです。(;^_^A

 

 

既婚男性とシンママ

 

シンママは絶対に不倫の恋はダメ!と頭ではわかっていても、流されてしまいやすいんです。

 

なぜなら、既婚男性には余裕(家庭)があるから。
シンママの苦労も、子供のことも理解をしめしてくれます。
仕事や子供で忙しいシンママにとっても既婚者男性は楽なのです。

 

これを逆手に取ってみる…まさしく鬼畜??
でも、相手のシンママもそこは一人でも自分の理解者が欲しい訳ですから…

 

話を良く聞いてあげて、相談にもちょっとのってあげる。
そうすれば、「Win-Win」の関係を築けます。
もちろん格安で…(;^_^A

 

 

シンママとお友達になれるお勧め出会い系サイト

 

出会い系

ワクワクメールでコロッケ主婦と出会うの特徴

ワクワクメールは、アプリのランキング1位になったこともあり、会員数もトップクラス。老舗の出会い系サイトで、もちろんコロッケ主婦もたくさん在籍しています(笑)。セフレを探している男性、後腐れのない割り切った関係を求めている男性、サクラや業者に騙されにくい男性にはピッタリの出会い系サイトです。今ならプロフィールを入力するだけで1200円分無料で使えます。なので、まずはこの無料でもらえる1,200円分だけ使い、自分に合うか試してみるのがおすすめです!

価格 登録無料の0円
評価 評価5
備考 管理人はここでコロッケ主婦をゲット

出会い系

ハッピーメールでエッチな熟女と出会う!の特徴

日本有数の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイトがハッピーメールです。登録は無料で簡単 1分程度の操作で24時間会員登録が可能なんです。だからやりたい時に即できる!会員数がとっても多いので地方での出会いが期待できます。

価格 登録無料の0円
評価 評価4.5
備考 登録が簡単!
ミントC!Jメールでスケベな人妻と出会うの特徴

18年の運用実績で、会員数600万人突破の老舗サイトです。好みの相手を見つけてメッセージを送るだけだからとってもカンタン♪たくさんのスケベな人妻と出会って恋愛と大人の関係を楽しみましょう!

価格 登録無料の0円
評価 評価4
備考 スケベな人妻がうじゃうじゃいます。

出会い系

ASOBOでコロッケ主婦と出会う!の特徴

ASOBOは2001年2月から続いている安心安全な出会い系サイト。延べ会員数も700万人を超えて、出会いだけではなく日記や無料ゲームも楽しめるサービスが提供されています。友達募集・恋人募集・今すぐ募集など、SNSや出会い系に不慣れな方でも自分にあった出会いが簡単に見つけられます!

一番使い勝手が良いのは、検索が細かくできることです。例えば東京で言えば23区内、西東京地域、多摩地域、その他で選べます。年齢も細かく区切れるのでターゲットを絞り込むにはとても使い易い設計になっています。

価格 登録無料の0円
評価 評価4
備考 管理人はここでもコロッケをゲット!

出会い系

PCMAXで謝礼交際主婦と出会う!の特徴

創設15年以上の健全な運営実績で参加会員数1300万人を超える国内最大級の優良出会い系マッチングサイトです。日々、恋愛や恋活に積極的な女性がサイトを利用しているので、職場や日常生活の中で出会いがない人にも毎日新しい出会いのチャンスが訪れます!

価格 登録無料の0円
評価 評価3.5
備考 会員数が多いのでそれだけチャンスも多い!

 

 

 

シンママさんは積極的

 

学校のプール解放の係になり水着の奥様達と…

 

【ママさん豹変】
狭い園長室に4人もの水着姿の男女がいるだけでも変な気を起こしそうになる。痩せっぽちの妻の真帆と異なり、ママさんたちの水着姿にはいつも興奮させられていた。

 

タンキニの肩から伸びるむちむちの二の腕、一部丈のショーツは、太もものラインをきれいに際立たせる。ワンピース水着の胸が膨らみ、谷間が見えるのもNICE。ビキニのような派手な露出でない分、恥じらいを見て取れるのがいい。

 

そんな水着姿を間近で見るだけでも興奮ものなのに、何と、委員の淳子さんは俺の存在など意にも介さない様子で、水色のタンキニ水着を裾からまくると、大きなおっぱいをぺろん、と出して、胸を拭き始めた。いきなり目の前に真っ白なおっぱい。拭く度にゆさゆさ揺れる。水着が半脱ぎなのが余計いやらしい。

 

「あれ、会長さん、立ってる」「うそーっ」「やぁだぁ」

 

ママたちは嬌声をあげて、俺の股間に注目した。俺の逸物はバスタオル越しにテントを張っていて、気づかれてしまった。「どれどれ」と逸物に手を伸ばしたのはシングルマザーの仁美さん(25)。タオルの合わせ目から手を入れられ、いきなり生で握られる。
「おっきぃ〜、もうぎんぎんに固くなっているわよ」「やだぁ〜」

 

すると仁美さんは握った逸物を擦り立てはじめた。俺の目の前では、淳子さんに続いて、桂子さん(30)も水着を脱いだ。桂子さんの水着は、黒いスポーツタイプのセパレート水着。Bカップ程度の小振りなバストだが、小さくて丸い膨らみも気になっていたのだ。やはりブラの部分を上にたくし上げる形になり、やや小ぶりの乳首が飛び出した。

 

 【饗宴の始まり】
「ねえ、見せてよ」と腰タオルをはらりと外したのは上半身裸の淳子さん。「まあ、真っ赤〜」「大きい」「どれどれ」俺の逸物は、3人のママさんの目に触れ、益々大きくなった。仁美さんはしごくだけでなく、カリの部分をこね回し始めた。

 

「ねえ、仁美さんも脱いだら??、私代わるから」とおっぱいの大きな淳子さん。淳子さんは、俺を椅子に座らせると正面にしゃがみこみ、顔の前で手コキを再開した。さすがに「淳子さん、ご主人に悪いよ」と俺が言ったら「旦那は他で女作ってるの知ってて見逃してるんだから、このぐらい平気よ」と開き直り、カリに口づけをした・・・

 

シングルマザーの仁美さんの水着は、花柄のワンピースタイプ。肩から水着を外し、Cカップの大きめだが張りのあるバストを拭いたかと思うと、全部脱いでしまった。よく手入れされた薄めのヘアが見える。

 

「淳子さん、ほ、本当に逝っちゃうから止めてください」と俺が言うと
「奥さん、体壊しているのでしょ」
(妻の真帆は体を壊したという理由で委員を辞退している)
「夜の生活、相手してもらっていないんじゃないのぉ・・・・ほら、ギンギン・・・・・溜まっているみたいよ」(そんなことないぞ)
「そうそう、この間、恵子さんも助けてくれてありがとうね。・・・・そのお礼もしなくちゃ」

 

「もし良かったら、中に入れて、出してもらってもいいわよ」と淳子さん
「わはははは」ママたちの明るい笑い声が響く。

 

桂子さんはさすがに恥ずかしいのか、後ろ向きになってスポーツ水着のパンツを脱ぐと、さっさとピンク色のショーツをはき、お揃いのブラでBカップの胸を覆ってしまった。でも、小ぶりのお尻は目に入った。

 

全裸にバスタオルを巻いた仁美さん。
「桂子さん、あなたも触ってみない??」
「えっ、でも、主人に悪いし」
「そんなぁ、触るだけなら大丈夫よ。それに、恵子さんを人命救助したお礼もしようよ」
ひと呼吸置いて「そうね」と桂子さん。俺の股間の前にひざまづくと、顔の前で手コキを始めた。

 

ほとんど、いや、全く浮気の経験のなさそうな桂子さん。おずおずとぎこちなく俺の逸物を握っている。下を見下ろすと、ブラのおかげか、さっきは見えなかった胸の谷間がくっきりと見て取れる。

 

【股間へ】
ぎこちない手コキのため、逝くのは免れるかと思ったそのとき、バスタオル姿の仁美さんは俺の正面右側に立った。俺の右手を掴むと、こともあろうか自分の股間に導いた
「触って」
「まずいよ」
「触ってあげて。仁美さん、男日照りなんだって」と淳子さん。自分は、いつのまにか水色のショーツだけ穿いている。小さめのショーツなので、股間や尻にぴったりと張り付いている。おっぱいは丸出しのまま。
仁美さんに導かれるまま、俺は、仁美さんの股間に手を当てると・・・・ぬるぬるだった。

 

仁美さんのヘアの奥をまさぐると、親指大のコリッとした感触が。そこをこすると
「ああんっ」と声をだし、一瞬のけぞる
「声はまずいわよ」
「ごめんなさい、続けて」
股間への責めを再開すると、唇を噛み締めて快感に耐えている仁美さんの姿が目の前に。バスタオルはいつの間にかはだけられ、Cカップのおっぱいと、やはり固くなった乳首が見える。

 

仁美さんは、俺の左手を胸にあてがうと、揉むように促した。右手でクリ、左手で右胸の乳首を捏ねると「あっ」と声を上げ、ぴくっと震えると崩れ落ちてしまった。

 

仁美さんへの責めがすむと、さっきまで手コキをしていた桂子さんが仁美さんの立っていた場所に移動した。
「旦那に悪いから・・・・下着の上から触ってください」と恥ずかしそうに言う。
「無理しなくてもいいよ。服着なよ」と俺
「せっかくだから、触ってもらいたいの」と桂子さん
ピンクのショーツ、クロッチの部分に手を当てると、そこは大洪水。
「んっ、んっ」と控えめに悶えている。

 

気持ち良さそうな表情のまま、自分でブラのホックを外してしまった。俺の股間には、全裸のままの仁美さんが位置し、なんと逸物をくわえてしまった。「んぷっ、んぷっ」
「仁美さん、本当にやめて。逝っちゃいそうだよ」

 

俺の左前には、水色のショーツをつけた淳子さん。少々垂れ気味の胸が揺れている。淳子さんは、ショーツの中に手を導いた。やはりぬるぬるで、ヘアも濡れている。声は出せないものの、両脇の若ママは吐息を殺して快感に喘いでいるし、股間はシングルマザーの仁美さんにしゃぶられている。 

 

【不覚にも(?)発射】
本当に逝きそうになってきた。
「いっ、逝っちゃうよ」
仁美さんは、口から一旦逸物を外す。
「会長さん、誰に飲んでもらいたい??」といたずらっぽく問いかける。答えられるわけがない。
「私、しばらく飲んでないから・・」とにっこり笑った仁美さん。猛烈なバキュームフェラを始める。

 

右手は桂子さんのピンクのショーツの上から股間をなで、左手は淳子さんの水色のショーツの中に手を入れて捏ね。逸物はしゃぶられている・・・・
桂子さんが、
「何かすごい気持ちいい」
というので、淳子さんへの愛撫を中断し、桂子さんの胸を揉み、乳首をしゃぶる。

 

「あっ」と桂子さんが声を上げた。
「桂子さん???」
「ちょっとだけ逝っちゃった」
ショーツの上からの愛撫ではあるが、他の男の指の感触に感じてしまった様子。

 

一方、逸物への責めも続いていて・・・・・今度こそまずいっ・・・
「おおおおっ」どくっ、どくっ
俺は、仁美さんの口に発射してしまった。
どくっ、どくっ、どくっ・・・・何か今日は量が多いようだ。 
「うぐっ、うぐっ、うぐぅ〜〜っ」「んんんんんん〜〜っ」「ぶはっ」
仁美さんは飲みきれずに、唇の端から白濁液をどろりと垂れ流した。

 

【身繕いを始めたのだけど・・】
窓の外を見ると、園庭に子供たちの姿はなく、静まり返ったまま。子供たちと引率の役員は、まだ帰ってこない。プールの後川で冷やされたスイカを食べるために近くの沢まで俺たち以外はみんなで行っているのだ。(沢を出るときには俺のところに連絡が入ることになっている。そうでなければいくらなんでもこんなすごいことはできないよ・・・・)
お互いに黙々と身繕いをはじめる。

 

俺は、Tシャツとパンツとジーンズを着るだけ、下着の上から股間を擦っただけで逝ってしまった桂子さんは、ピンク色のブラとショーツの上から、白いフレアスカートとビンクのTシャツといった、清楚な格好。

 

おっぱいが少し垂れている委員の淳子さんは、水色ののブラとショーツ、あとは水色のギンガムチェック柄のワンピースを上からかぶる。Cカップでシングルマザーの仁美さんは、オレンジ色のショーツににデニムのクロップドパンツ(膝たけのぴったりしたジーンズ)、上はノーブラで黒いブラキャミソールだけ

 

身繕いの済んだ皆の姿を見て、俺は感慨深かった。
いつもは服の上からボディラインを目にするだけだが、一皮むくとみんなこんなに乱れるなんて・・・・
そう思うと、また股間に力がみなぎってきた。まずい。帰ったら、妻の真帆に欲望をぶつけないと・・・・

 

【饗宴第二部】
ところが、俺の股間の状態はママさんたちにばれてしまった。
「会長さん、また立ってる〜」「いやらしい〜」「びんびん〜」「1回抜いただけでは物足りないのね」
そういうと、せっかく穿いたばかりのパンツとジーンズを降ろされてしまった。

 

淳子さんは、俺の前にしゃがみ込むと逸物にむしゃぶりついた。
「んぷっぺろっ」
さっき、1回出しているので、却って感じやすくなってくる。
他のママさんたちは、興味深く見ていたのだが・・・・

 

「淳子さん、逝かせちゃうの?」と仁美さん
「ん〜んっ、あば」(ううん、まだ)
「私、欲しいんだけど」
そう言うと仁美さんは、クロップドパンツとショーツを脱ぎ去り、棚に手をつくとお尻を突き出した。

 

「会長さん、入れて」
俺は何だかどうでもよくなってきた
「いいけど、みんな絶対に内緒だよ」
「うん」「はい」「ええ」

 

俺は、逸物を仁美さんのぬるぬるになっている局部にあてがうと、一気に腰を押し進めた。尻を抱え込みながらピストンする。
「ああんっ」仁美さんはのけぞった。
「仁美さん、良かったね。気持ちいい?」と淳子さんが覗き込みながら訊ねる。

 

「ええっ、あん、あん・・・はめられるの久しぶり。会長さんすごい・・気持ちいいわ・・ああっ、逝きそう、いくっ、あっ」
仁美さんは崩れ落ちてしまった。

 

【奥手の桂子さん】 
桂子さんもいつの間にかスカートをまくり、ピンク色のショーツに包まれた小さな尻を突き出しながら言った。
「ちょっとだけ入れてほしいな」
「えっ、桂子さん。さっき、旦那に悪いって・・・・(股間を直接触らせなかったのに)」

 

「やっぱり会長さんのおち◯ぽは試してみたくなったの。せっかくの機会だから」桂子さんは話を続ける。
「でも、今、旦那と子づくりをしているから中で出されるのはまずいから、味見ということでちょっとだけ入れてもらってもいい??。すぐに逝くわけじゃないでしょ」

 

中途半端な注文だが、他の二人は「はめてもらいな」と訴えているし、桂子さんの中の感触も気になる。
桂子さんのところに赴くと、ショーツの上から股間を触る。ショーツの外にしみ出すほど愛液があふれていた。

 

俺は、ショーツをずりさげ、桂子さんの局部を舐めようとしたが、
「あんっ、感じちゃう。早く入れて」と桂子さんが言うので、仁美さんより小ぶりの尻を掴むと、ずぶりと挿した。
「ああんっ」
そのままピンクのTシャツをまくり上げ、背中を露にする。白い背中にピンク色のブラのひもが食い込んでいるのが悩ましい。
「桂子さん、どう??」ゆっくりピストンしながら聞く。

 

「他の男のおち◯んぽ、違うわね。会長さんの、太いわ。いいっ、いいっ」
すぶっすぶっ・・・・
「きもちいいっ、あんっ・・・もういいわ、ありがと」
桂子さんは、俺の逸物を抜いた後、物足りないのか、床に四つん這いになると自分で股間を擦っていた。

 

 

【委員とのフィニッシュ】
それを手伝おうとしたところ、委員の淳子さんが同じように手をつき、ワンピースをまくり、尻を突き出しているのに気がついた。ショーツは付けていない。「淳子さんも??・・・」
「うん、私も欲しくなっちゃった。私で最後だから、中で出してもいいよ。でも、ちょっと待って」

 

「ん?」
「私、上がいいな」
俺は、下半身丸出しのまま床に横たわると、淳子さんがワンピースを着たまま、またがってきた。仁美さんほどの締まりはないが、逸物の包まれ感がいい。

 

下から見上げると、普段のワンピース姿の淳子さんが、快感に顔を歪めて悶え狂っている。俺は、服の上から胸を揉む。シームレスのブラが固いが、それでもいい揉み心地である。
「あんっ、あんっ会長さん、気持ちいい」
と、腰を振っている。

 

淳子さんは、自分でワンピースのボタンを外し、上半分をずり降ろす。水色のブラに包まれた、Cカップのバストが現れると、ブラも外してしまう。ワンピースが腰だけにまとわりつき、バストだけ丸出しというのが悩ましい。俺は。バストを掴むと、下から上に揉みあげるとともに、乳首もこりこりと捏ねる。「あんっ、あんっ、いくっ・・・・」

 

俺も逝きそうになってきた。
「淳子さん、逝きそうだよ。場所代わろう」
「このまま逝って」
「でも・・・」
「私も逝きそうなの・・・・ああっ」

 

その瞬間、逸物が激しく締め上げられ、俺も我慢の限界を超えてしまった。
「おおおっ・・」淳子さんの中でどくどくと出してしまった。

 

「あんっ、精子が子宮にあたるっ、あんっ」

 

「淳子さん、ごめん・・・すぐに流さないと」
「いいのよ、私リング入れてるもん。旦那なんかとも中だしなの」
(旦那「なんか」ってどういうこと・・・・・)ちょっと引いてしまう。

 

 

【饗宴の終章】
改めて身繕いをし、一旦冷房を止め、室内の換気と掃除をする。換気を済ませ、再び園長室に冷房を入れる。換気のために部屋の中はすっかり暑くなってるので、テラスの下に移動し、ブロックに座ってしゃべっていると、携帯が鳴った。

 

「遅くなってすみません。園児の一人が迷子になり、子供を見る係以外の大人がみんなで探していたため、連絡をし忘れたんです。ご心配おかけしました。今から出ると、12時半ぐらいにはそちらに着きますので、お茶の用意をお願いします」と、副会長から。
「分かりました、おつかれさまでした」

 

まず、仁美さんが立ち上がった。目の前では。クロップドパンツに包まれたお尻がむにむにと動いている。ローライズの腰からパンツがはみ出ているのが何とも悩ましい。他の二人もそれに続く。

 

麦茶の入ったウォータークーラーや紙コップを手際良く用意するママさんたちの動きはきびきびしていて、さっきのいやらしい表情はみじんにも感じられない。なかば浮遊状態の俺は、そんな様子を見ながら園庭のコンクリートにホースで水を撒いた。

 

妻の真帆は自宅で待っているので、俺は子供を連れて自宅に帰る。
ふらふらになりながら自宅に着き、シャワーを浴びるとどっと疲れが出たので、昼間なのにも関わらず、寝入ってしまった。

 

夜8時、真帆が起こしにきた。
「あなた、お昼も夕食も食べないで・・・。サラダぐらい食べたら??」

 

俺は、昼間の饗宴のことを思い出そうとしたが、記憶がつながらない。
夢だったのか、現実だったのか。謎のまま。

 

でも、こういうことは夢だった方がいいのかもしれない。

 

 

⇒こんなママたちはココにいます!

 

 

シンママの実態(ヤフー知恵袋から)

出会い系

 

シンママ49さいです。

とにかく童顔幼顔スレンダーふんわり雰囲気、天然、話しやすいらしく今も自信あり女として意識されるこて多々あります。

 

しかし、相手がいなく欲求不満。今は簡単にはやりません、
30まではやる相手が何人もいたから毎日くらいしてたが、
今全くです。
そこで、相手がいない独身男女の性欲処理はどうされてるんですか?

 

小学生〜ずっと男好きでして、
色目使ってきてました
すぐ男をすきになるため、たいぷは?と聞かれると好きになった人がたいぷですといいます、

 

逆さ睫で通ってるイケメン医師
車買った担当ディーラー
趣味繋がりの男複数人

 

このひとたちは、既婚者いるし。あと独身かな?
誰かと付き合いたいんです。 でもなにも発展ないのは、やはり私の勘違い?
医者もディーラーもすごくやさしくて、でもそれは仕事としてとか営業とーく?
よくわからないです。

 

私は28歳のシンママです(o^^o)

離婚してから1年以上、恋愛なんてなく毎日子育てして仕事して1日が終わっていました。
1ヶ月前くらいに、Facebook系で仲良くなった人がいて初めて会い、なん
かもう一目惚れでした。
その後2回くらぃはデートしてますが、普段はほとんど連絡してくれず、私の方からLINEすれば何時間後に返信みたいなヽ(´o`;
これって全然脈なしパターンなんですかねε-(´∀`; )
2回目のデートでキスはしました。。
好きだよって言ってくれても、付き合ってる訳ではないと思うし( ; ; )
皆さんならどー思いますか?

 

私は32さいのシンママです。小学1年の男の子のママです。

同じ職場で出会い、付き合いが3年になる40歳の結婚歴無しの彼がいます。
前から考えてはいましたが、最近再婚への思いが強く、子供
の年齢、自分の年齢を考えると、あと1人子供が欲しいし、子供も家族が欲しい、と最近よく言う様になりました。
彼は転勤族で、遠距離になって、二年経ちます。
結婚の話をしようとすると、いつも濁されて、私も子供を持つ立場で、どこか負い目を感じて自分からはっきりと聞けずにいました。
先日、勇気を出して聞いてみたら、あと20年以内で、できたらいいね、と言われました。それって、当分結婚はする気はないって事ですかね。
わたしは、一度結婚に失敗していますが、できれば、再婚したいです。今自分と向き合い悩み抜いて、出た気持ちは、やっぱりもう一度家庭を築いていきたいです。
今の彼は、色々お金や経済的な面で、助けてくれます。
でも、遠距離なので、逢えるのは、お互いに予定が合う時に2、3か月に一度くらい、メールや電話のやりとりも、週に一度あればいいほうです。
このまま付き合っていったら、なんとなく、関係も深くなりきれずに、年だけとるような気がします。正直、生活がいっぱいいっぱいなので、金銭面的にとても助かるのですが、淡白というか、気持ちの面では、とても寂しいし、虚しく感じる事が多いです。彼は学生の頃から親から離れ、ずっと1人で生活してきたそうで、自分の事は全て自分でこなせるし、親の不仲を見て育った様で、結婚願望がないみたいです。
こんな私でも付き合ってくれるだけで、ありがたいと思うべきなのでしょうが、心がもがき苦しんでいます。ただの私の我が儘なのでしょうか。
結婚は気にせず、今のままで付き合っていくべきですか、それとも、別れて違う人を探すべきですか、シンママの私がおこがましいと分かっていでも、悩み過ぎて苦しいです。私事ですみませんが、誰かアドバイスお願いします。

 

未婚で子供1人いるシンママです。

知り合ってまだ間もないんですがその人の事、気になってる感じで相手の人にも好きになっていいかなと言われました。

 

けど子供がいる事はまだ話してません。言うタイミングが今までなくて気持ちを持ち始めてきちんと話しないといけないと思ってます。今の関係は凄い楽しいんですが子供の話をして連絡がなくなったらとか考えてしまいますが本気で好きになる前に話した方がいいのか...
皆さんだったらすぐ打ちあけますか?それとも相手の事もっとよく知ってからにしますか?
もし関係が切れるのは淋しいですが子供の事はいつか話しないといけない事なので。

 

はじめまして!私は4歳の男の子がいるシンママです。

 

半年前から付き合っている彼氏がいるのですが、
今彼は子どもの前でHするのが大好きです。
最初のうちは目の前ではじめると泣き出したり
他の部屋に行こうとしたりしていましたが
彼氏が怒るので、今は静かにして見ています。

 

で、今日親友のママ友に会って、その話をしたところ急に
「マジでキモイ!それ虐待だよ!とにかくその男とすぐ別れて。
別れられないなら私が児相行く。もう絶対しないで」
と絶交される勢いで怒られました。

 

彼氏とは絶対別れたくありませんし、
正直私も子どもに見られながらいやらしい言葉で責められるのが
すごい興奮するので、やめられそうにありません。

 

で、言われたときは言い返せませんでしたが、
冷静に考えてふと思ったのですが
そもそもこれって虐待なんでしょうか?
別に暴力をふるったり直接いたずらしてるわけでもありませんし・・・

 

勝手に虐待だと決めつけられて、キモイとまで言われたのが
今になって腹が立ってきました。

 

虐待じゃないですよね?

 

47歳のシンママです。

自分で言うのもあれですが、童顔、スレンダー、どちらかといえば昔からモテてきました。
まだ全然問題ないと、
男性は若い子が好きといえ、私も昔から年下すきです、私彼氏や再婚したいです。
見た目がいくら若いとは言え、47歳、、、
こんな私を好きに、恋愛対象にすり男性いると思いますか?
私年上男性は無理でして。年下が好きです。
愛されたいし、勿論抱いて欲しい。
変な話、欲求不満もあります。だからとは言え
遊びはいやです。
イケメンで一途な年下くんと恋愛、再婚したいんですが、正直年下とは言え、
許容範囲は35以上46以下の男性希望です。
ただこの年齢の男の人て素敵な人はみた、既婚者や彼女もち、
または訳ある離婚歴男しかいないですから、半分諦めてもいます。
このままシングルはいやです。
でもどうもなりませんよね?
婚カツもいきましたが、、ここに参加してる理由がわかるような人ばかり(自分含めて)

 

 

色々なシンママがいますね〜
シンママ=男好き
ではないですが…

 

そういう感じのシンママが多いのも事実です。

 

ましてや、出会い系に登録してるようなシンママは絶対にヤリマンです。
ヤリマンでなければ寂しがり屋ですネ。

 

そんな寂しがり屋のシンママを見つけて、一緒に遊んでみるのも良いのではないでしょうか!

 

 

 

寂しがり屋のシンママ探しには出会い系を

 

 

 

 

 

これがシングルマザーの実態…

小学生の息子の射精を見てしまった私の理性は…

 

私は、四十路のシングルマザーで母子家庭の母親です。

 

愛する息子と2人暮らしですが、はやり一人で子供を育てるのは、大変な苦労がありました。しかし、腹を痛めて生んだ子供です。どんな苦労も厭わず、それこそ宝物のように、愛する息子を育ててまいりました。

 

お陰様で、息子ともとても仲が良く、性格も素直で健康な男の子で今年、小学校4年生になりました。小さい頃からいつもいっしょで、ご飯もいっしょ、寝るのも布団を並べて、お風呂ももちろん一緒に入っていました。

 

息子も思春期になって、そんなことももうできなくなり寂しくなるなぁ〜と思っていました。

 

そんなある日、いつものように息子といっしょにお風呂に入っていた時のことです。息子は、奥手らしく、いままで性的なことは一切したり言ったりしたことはありませんでした。

 

お風呂で、息子のペニスを見たり、触れたりしても、ただかわいいオチンチンという感じ特別意識したことはありませんでした。

 

その日、いつものように息子の背中を洗ってあげていると、突然息子が叫んだのです。
「ママー、大変だよ。オチンチンが変だよ」

 

見ると、あらら、見事にペニスが硬くなり天を指しているのです。まだ小学生の息子が大人のように勃起しているのに私はうろたえてしまいました。
「ママ、僕のオチンチンどうしちゃったの。病気なの?」

 

息子もはじめてのことで、びっくりしてるようです。
「だ、大丈夫よ。病気じゃないのよ」
「でも、こんな変なオチンチンみたことないよ。どうしちゃったの、僕」

 

息子は、はじめてのことに、不安を募らせているばかりです。こんな時、男親がいれば、なにか言ってあげられるのかもしれませんが、母親がこういう場合、どうすればいいか分かりません。

 

私は、「大丈夫よ」というばかりでなにもしてあげられません。息子のペニスは、ますます反り返ってお腹に着きそうになっています。私は、ただそのペニスを眺めているばかりでした。
「僕、どうすればいいの?病院いくの?」

 

息子の不安は募るばかりです。私は、息子がかわいそうになり、思い切って言いました。
「大丈夫よ、お母さんがなんとかしてあげるから」
「ほんと?大丈夫?お母さん」

 

私は、おそるおそる手を伸ばし、息子のペニスを握りました。まだ先端に皮をかぶって、大人のペニスではないショタなペニス…でも大きさはもう大人並みのようです。

 

握って、はっとしたのは、まるで、木の幹のようにとても硬いのです。
「痛い?」
「ううん、痛くないよ。でも、へんな感じだよ。治る?」

 

私は、やさしく手を動かしてみました。石鹸のおかげで、スムーズに動かせます。
「あ、お母さん、やめて。なんか変」
「おかあさんに任せて」

 

もう、途中でやめるわけにはいきません。私は、手の動きを早めました。
「お母さん、やめて、やめて、なんかおかしい、変だよ」
「やめてよー、やめて」

 

私は、かまわず息子のショタなペニスを握り手を動かし続けました。私自身が興奮していたかもしれません。
「あっーあーーー」

 

突然、息子が叫んで、体中に力を入れました。そして、握っているペニスが急に膨らんだかと思うと、ペニスから精液を激しく出し始めました。ぴゅ、ぴゅと、4、5回も出たでしょうか。

 

私の、顔や胸にかなりの精液がかかりました。息子は、はぁはぁと激しく息をするばかりです。それを見ている私も、息が苦しくなってきました。
「お母さん、おちんちんから何か出たよ
やっぱり、僕、病気じゃない?」

 

「大丈夫よ、病気じゃないのよ
男の子は、大きくなるとみんななることなのよ」

 

私は、息子を安心させようと、そういうのが精一杯でした。しかし、息子のペニスは、あれだけ射精しても、まだ大きくなったままなのです。
「ママ、オチンチン治らないよ」

 

息子は、もうべそをかいています。私は、どうしていいか分からずも、また握っている手を動かし始めました。しばらくして、またはげしく射精しました。
結局、その日は、息子のペニスの勃起が治まるまで、4回も大量射精しました。

 

その日以来、いっしょにお風呂に入るたび、手で射精させてあげています。いけないこととは分かっているのですが、息子が喜んでいる顔をみるとやめられません。

 

息子には、固く口止めしているので、ほかの人に分かってしまうことないと思いますが、また新たな悩みが出てきています。それは、私自身の問題です。息子の精液を浴びるたびに、性的にとても興奮してしまうんです。イケナイとわかっていても体は反応して、おまんこはヌレヌレ

 

男性には目もくれず、息子の成長だけを楽しみに必死に働いてきました。自慰行為などもしたことは、ありませんでした。しかし、あの日以来、息子のペニスを思い出しては、毎晩恥ずかしいところを触ってオナニーしています

 

自分でも、恥ずかしいほど愛液が溢れてします。いつか、息子のペニスが欲しくなってしまいそうです。私は、いつまで理性を保てるか自信がないのです。ああ、今日も、息子のペニスをしごいて、体中に精液を浴びるのを待ち遠しく思ってしまう

 

その後、毎日小学生の息子のショタなペニスをしごいて、射精の手伝いをしているうちに、だんだん、私も息子も変化が出てきました。私は、息子が気持ちよさそうな表情をするのが、ほんとうに嬉しく、できるだけ気持ちよくしてあげようと、いけないとは思いながら、母子相姦の行為を続けていました。

 

しかし、息子がお風呂で、もちろん全裸で、ペニスを突き出して射精する瞬間は、握っている私の手のひらに、ペニスの裏側あたりで、ドクンドクンと精液がペニスの中を流れていくのを感じてしまうと、平常心では居られなくなります。

 

つとめて明るく、普段と同じように話しながらしているつもりでも、木のように固くなったペニスの先から、青くさい精子が勢い良く飛び出し、私の体にかかって、その熱さを感じてしまうと、思わず「アーン」というエッチな声が出てしまうのです。

 

「お母さん、大丈夫?オチンチンから出るものかかって、嫌じゃない?」
息子は、汚いものがかかってと心配してくれます。

 

「大丈夫よ。お母さん、平気よ」
息子には本心をさとられ無いように、わざと淡々と話します。でも、本当は違うんです。息子の精子をぶっかけプレイがとても官能的に感じ体は絶頂したのように快感がほとばしるんです

息子には、分かりませんが、射精の瞬間、ペニスがピクンピクンとするのに合わせて、私もおまんこに力を入れているのです。いえ、自然と力が入ってしまうんです。

 

そんなある日、いつものように息子と一緒に、お風呂に入っていたとき、息子が私の胸に手を伸ばし触ってきたのです。
「だめよ、そんなことしちゃ」

 

私は、息子の手を払いのけました。
「じゃ、こっち」
と息子は言って、下に手を伸ばしました。
「なに、言ってんの」

 

と私は腰を逃がしましたが、かえってそれがいけなかったのか、お尻の方から触られてしまいました。
「やめなさい」
やっとのことで、息子の手から逃れました。
「お母さんのアソコ、なんかヌルヌルしてるよ」

 

「なに言ってんの、そんな事ないわよ」
「お母さんも、あそこから何か出す?」

 

「出さないわよ」
「でもなんか出てるみたいだよ」

 

「嘘よ」
「いつもお母さんに気持ちよくさせてもらってるから、僕もお母さんを気持ちよくさせたいよ」

 

息子は、優しさから言ってるのかもしれません。

 

「女の人は、男の人と違って、なにか出たりはしないのよ」
「僕もお母さんをきもちよくさせたいよ。こすれば気持ちいいんでしょ」
「いいのよ、お母さんのことは」

 

そう言いながら、先程から大きくなって空を向いている息子のペニスを眺めながら、私のおまんこからは恥ずかしいおマンコ汁がとめどなく流れているのです。

 

このままでは、きっといつか息子と禁断の母子相姦をしてしまいます

 

あの可愛くてショタなペニスが私のおまんこに入ると思うと快感で狂ってしまいそうです。

 

 

⇒こんなシンママを見つけるならココ

 

 

シンママさんと知り合うと…

パートの女性達4人と温泉に行き…肉棒に次々と跨ってきて…

 

私は某デパートの社員で地下の売り場を担当をしている頃(2年前)の話しを告白しましょう。

 

当時私は27歳で売り場の副責任者をやっていました。
ご存知の通りパートの女性がたくさんいます。
主婦・シンママ・女子高校生等色々います

 

ある日仲のいいお寿司売り場の前で、パートの女性達4人が温泉に行く話しをしてました

 

俺「どこの温泉行くんですか?」
主婦1「女4人で伊豆の温泉に1泊で行くんです」
俺「温泉好きなんですか?」
主婦2「好きですよイイところ知ってるんです」
俺「混浴とかですか?」
主婦2「混浴とかもありますよ」とみんなで盛り上がっていました。
主婦1「一緒に行きます?」と冗談っぽく聞かれたので…

 

俺「ヒマだしもう何年も温泉行ってないから行こうかなぁ」
という事で5人で行く事になりました。

 

部屋を2部屋予約して、車はワゴン車を俺が運転していく事で決定しました。
女性4人は、

 

主婦1=31歳既婚子供ナシ
主婦2=4?歳既婚大きい子有り
主婦3=35歳くらい子供1人
シンママ=31歳子供1人

 

お昼に駅前で待ち合わせ、伊豆に向かいました。
夕方5時頃伊豆のとある旅館に到着し、チェックインを済ませ…
俺は1人で部屋に女性は4人で1部屋で隣同士の部屋でした。

 

夕食は6時半と言う事で、とりあえず風呂に入りに行きました。
そこは露天風呂を含めて8ケ所くらいありました。

 

俺はとりあえず男湯に入りました。
混浴もあると聞いて楽しみにして行ったんですが、時間制で混浴を楽しむ事は出来ませんでしたが・・・

 

風呂を出て部屋に戻ると、俺の部屋には食事が5人分用意してありました。
宴会開始です。

 

普段仕事中下ネタ等は出来る仲でしたが、一緒に飲みに行った事はありませんでした。
風呂あがりの女性達は全員浴衣で歳の割りには色っぽく…

 

「俺ってハーレムだな」と冗談などで盛り上がり、ビール・日本酒・ワインと凄い勢いで酒がなくなって行きます。

 

みんな酔っぱらい、浴衣のすそからパンティーとか見えると…
「パンツまる見えだよ」と俺が教えてやると
「いいじゃん減るもんじゃないし」などと盛り上がりまくりました。

 

10時ちかくなると、主婦1と主婦2は飲みすぎで気持ち悪くなったらしく
「部屋に戻る」と言って出て行ってしまいました。

 

俺の部屋には、主婦3の35歳の女性とシンママ女性と3人になりました。
俺「まだ飲める?」と聞くと
2人は「まだまだ平気よ?」とかなり酔った様子で言ったので、もう少し飲む事になりました。

 

主婦3さんは浴衣はめくれ上がりパンツまる出しでしたが、全然気にならない様子です。
俺もトランクスのパンツが見えたらしく、「横チン出てるよ」と言われましたが出てませんでした。

 

ほっきり言って色っぽいとは思いましたが、性欲がわくわけでもなくパンツなんて気にならなくなってました。
少しすると、俺も運転疲れと酒で少し眠たくなってきたので、「少し横になるね」と言って隣の和室のフトンで横になりました。

 

シンママさんが、「運転疲れたでしょ少しマッサージしてあげるよ」と優しい言葉。
うつぶせになり背中を押してもらいました。

 

しかし力が弱くマッサージにならないので、「背中に座ってもう少し強く押してくれない?」とお願いすると
浴衣を少しめくってまたがってくれました。

 

なにげなく、隣の部屋を見ると主婦3さんはその場で寝むってしまいました。
浴衣をめくりあげたシンママさんの足は細く白く、そして背中にシンママさんのあそこの…
あたたかい温もりを感じた。

 

その瞬間なぜか急に不思議とムラムラっと来てしまいました。
「ありがとう楽になったよ?あと足だけもんでくれない?」と

 

お願いすると快く「いいよ」と言ってくれたので仰向けになりました。
はっきり言ってマッサージ自体は気持ち良くありませんでした…

 

足の裏から始まり、ふくらはぎそしていよいよ太ももに来る頃には
俺のチンポは全開バリバリに勃っていました。

 

その時点では勃っている事に気がついていないようでしたが、太ももをもむ為に俺の浴衣をめくると…
一瞬手が止まったのでその時点で気がつかれたのでしょう。

 

しかしそのまま気づかぬフリをしながら、太ももをもみ続けてくれました。
「みんな大丈夫かなぁ」とか「温泉っていいね」などと世間話しをしながら気を紛らわせていましたが…
勃起はおさまりません。

 

シンママさんの手が太ももの付け根あたりに来た時、おそらく偶然?俺のカチカチのチンポに手があたってしまいました。
「やだ?勃ってるの?」とニコニコしながら言いました。

 

「ゴメンネだって気持ちイイし色っぽいんだもん」と言うと、シンママさんは指でパンツの上からデコピンのように
「ピンピン」言いながら指ではじきまたマッサージを始めました。

 

俺は無意識にシンママさんの足をそっと撫ぜていました。
足先から太ももを撫ぜながら、
「今度は俺がお礼にマッサージしてあげる」と言うと、「痛がりだからあんまり力入れないでね」と言いながらフトンに横になりました。

 

「足をもんであげるから仰向けに寝て」と言うとシンママさんは、浴衣を直し仰向けになりました。
足の裏を軽く押してあげると、「気持ちいい」と言ったので、足の裏からふくらはぎを浴衣の上から軽くもんでやりました。

 

シンママさんの浴衣は少しはだけて白いブラジャーが少し見えます。
俺の気持ちはすでに「ヤリたい」って気持ちに変わっていたと思います。

 

「太ももを軽くもんであげるね」と言いながら、浴衣を少しパンティがギリギリ見えない程度にめくり軽くもみました。
シンママさんを見ると目を閉じていました。

 

俺は指を足の付け根まで持って行き、さらに浴衣を少しめくりました。
すると、白のパンティのあそこの部分がナント少し濡れていました。

 

顔を見ると目を強くつぶっています。
俺は無言で指をパンティの上からあそこを触ると「う・・・」と声が出ました。

 

指で優しくパンティの上から愛撫していると、シミは見る見る広がってきます。
「パンツ脱ぐ?」と聞くと「○○さん起きちゃう・・・」と

 

隣で寝ている主婦3さんの事を気にしています。
「あれだけ飲んでるし起きないよ」と言うと…
「暗くして・・・」と言われたので部屋の電気を豆球にしました。

 

そっとパンティを脱がし浴衣は着たままブラジャーは付けたままの状態になりました。
俺は浴衣は着ていました。

 

シンママさんは下半身だけ裸です。
俺は指でクリあたりを優しく何回も触るたびに、「あ?ん」「う?ん」と声を出しますが隣で寝てる主婦3さんが起きないようにマクラを噛んでいます。

 

その姿がみょうにカワイイくさらにイジリたくさせます。
すでにフトンにまで愛液で濡れるころ、指を入れました。

 

するとシンママさんは俺のカチカチになったチンポをパンツの上からこすります。
俺もとりあえずパンツだけ脱ぐと同時にいきなり咥えてきました。

 

全てマジです。
メチャクチャうまいフェラでした。俺は「気持ちイイ」と言いながら、俺は指で激しく出し入れシンママさんは感じるたびに口が止まるので度合いが良くわかります。

 

小さい声で「入れて」「でも中には出さないで」と言いました。
俺が上になりそっと入れると「あ??」と大きい声です。

 

突きまくると「あ?ん気持ちイイ」と声は大きくなります。
すると、なんと横で寝ていた主婦3さんが「う?ん」と言いながら目を覚ましました。

 

俺はあわてて抜きました。
シンママさんも慌てて浴衣を直しながら寝たフリです。

 

お互いのパンツはフトンの下に隠しました。
主婦3さんはフラフラしながらこっちへ来ると、「○○さん寝ちゃったの??」と聞かれたので
「うん寝たから電気消してフトンかけてあげるところ」と言うと

 

主婦3さんが「私も寝るから私の部屋に連れて行って・・・」と言うので、さっさと連れて行って寝かせて早く続きをしようと思い「はい行きましょう」と肩を貸して女性部屋に連れて行きました。

 

部屋に入ると、先に帰って寝ているハズの2人が居ません。
「あれあの2人はどこ行った?」と言いながら、
まぁいいかとフトンに寝かせようとした瞬間…

 

主婦3さんが「ありがと」と言いながら、いきなり俺のチンポを握ってきました。

 

「あれなんでパンツはいてないの?」と言いながらチンポを離しません。
俺はさっきの余韻もあってかすぐさま勃ってしまいました。

 

「若いってイイねすぐ大きくなるしぃ」と言いながら、俺の浴衣のオビをほどこうとしました。
俺は「マズイっすよ?」と言いましたが、主婦3さん「横になって気持ちイイ事してあげる」と言われたので横になりました。

 

オビはほどかれ浴衣のソデは通ったまま、裸で仰向けに寝かされ…
主婦3さんもあっとゆう間に全裸になりました。

 

はっきり言って頭おかしいのかなぁと思うくらい、行動は大胆で積極的です。
主婦3さんは俺の上に乗り乳首を吸ったり舐めたりしながら、手コキしています。

 

あとから聞いた話しだと、今回の旅行が決まった時から女性4人の中で
主婦3さんが「俺とヤりたい」と公言していたそうです。

 

主婦3さんは俺の乳首を舐めまくり、あまりの気持ち良さに「イっちゃうよ・・」と言うと、「ダメまだイっちゃダメ」と言って手を離すと、69の体勢になり俺のチンポを咥えました。

 

俺の目の前には主婦3さんのあそこ…俺はあんまりクンニが好きではありません。
しかし雰囲気と主婦3さんの勢いはやらざる得ない状況だったので、少し黒いビラビラを指で広げ大きめのクリを少し指でなでると咥えていた口を離し「あ???」と感じまくってます。

 

最初は嫌でしたが幸いにも匂いもキツクないので、舌でチロチロしてあげました。
しばらく俺の方がサービスしてあげると、もう湧き出てくるくらい濡れまくり。

 

「入れていい?」と主婦3さんが聞いてきたので女性上位の体勢で入れました。
激しく腰を使うのでイきそうになったので、「ダメだ・・・イクよ抜いて」と言うと
「まだダメ?イっちゃだめ?」とまた言われましたがもう限界です。

 

「本当にダメだ中で出ちゃうよ」と言うと、「今日は中で出しても大丈夫」と言うと同時に俺は果てました。
しかし主婦3さんはそれでもまだしばらく腰を使い続けあえぎまくってました。

 

主婦3さんもイったようでビクッビクッと体がしてました。
抜くと俺のチンポを口でていねいにキレイに最後の1滴まで吸いだしていただきました。

 

「みんなが戻って来るとヤバイね」と言いながら、俺は部屋に戻りました。
するとさっきまで居たシンママさんが居ません。

 

探しに行こうとは思いましたが、性欲的にも満足し疲れと酒で一気に睡魔が襲ってきたので寝てしまいました。
気がつくと朝でした。

 

朝食を食べながら主婦3さんは何もなかった様な顔で「おはよう!」言っています。
自分でも夕べの出来事は夢のようでした。

 

後日聞いた話しのよるとあの旅行は女4人でハメをはずす為のヤリ旅行だったようです。
最初に消えた主婦2人は1階のスナックで知り合ったオヤジ3人組とシンママさんも加わってオヤジの部屋でヤったらしいです。

 

俺は1晩で2人のおまんこに突っ込めて最高でした、それ以来俺は今の職場が大好きです。

 

 

 

 

シンママさんと知り合えると付録が付いてきます。
あなたもシンママさんと知り合って、面白い体験してみませんか!
登録は無料!サービスポイントだけでもシンママさんと出会えます。